読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLOGICS

今後は各分室にコンテンツを移して、ここは雑記や暮らしを中心としたライフログ的な何かにしていく予定です。

【レビュー】iPhone6 PlusをSpigen リアルアルミニウムバンパーで保護

ガジェット

そのうちレビューしようと思っていたのですが、気付いたらタイムセールの対象になっていました。

買った時のいきさつや購入後のフィーリングなどを書いてみます。

傷だらけだったiPhone5

iPhone5は長いことケースなしで使ってましたが、何度も落としてボロボロに。特に自転車の施錠/解錠時に前傾姿勢になるのですが、その際によく胸ポケットから落っことしてしまいます。ひどい時には自転車の運転中に落としてアスファルトに叩きつけてしまったことも。さすがにまずいと思って、最終的にはTOPEAKのライドケースを使っていました。

TOPEAK(トピーク) ライドケース(iPhone 5/5S 用)セット カラー:ブラック

TOPEAK(トピーク) ライドケース(iPhone 5/5S 用)セット カラー:ブラック

この製品で自転車にiPhoneをマウントしてRuntastic Road Bikeと組み合わせて使うと、iPhoneがサイコン代わりになった上に地図も見れて非常に使い勝手が良いんですがiPhone6版がまだ売られてないんですよね。残念。

iPhone6 Plusも受け取った翌日に傷物に

iPhone6 Plusを通勤時にジャケットの内ポケットに入れていたのですが、カバンの肩掛けストラップが引っかかってアスファルトの上に落下。幸い液晶が割れたりはしなかったものの無残にも傷物に。落として傷がついてしまったのは諦めるしかないのですが、その後も知らないうちに傷が増えていた(ポケットの中でこすったりした?)のでiPhone6は傷に弱いような気がしました。。。

慌てて保護ケースを買いました

前述の通りiPhone5を何度も落としていたのでiPhone6もそのうちケースを買おうと思っていたのですが、候補を絞りきれないうちにいきなり傷物になってしまったので慌ててケースを買いました。

以下の製品とどちらにしようか結構悩みましたが、最終的に質感重視でバンパーを選びました。

これはスタンド代わりにもなるのが便利かなあと思ったのですが横向きではほとんど使ってないので結果オーライな感じです。

スポンサードリンク

装着後のフィーリング

バンパータイプのカバーは初めて使いましたが、iPhone本体とバンパーの間にラバー製のカバーを装着するので実物は意外と大きくなります。これはちょっとAmazonの写真では分かりませんでした。ただ、側面のバンパーは金属製で質感は良いし、背面も細かいモールドが入っているおかげでつるつるせず、大きくなった割にグリップ感は悪くないです。総じて満足しています。

写真 [12/28 追記]

右側面。アルミの質感が良い感じです。

iPhone6 Plus Spigen アルミニウムバンパー 右側面

左側面。マナーモードのスイッチは指先を突っ込んで操作するのですが、深爪してても問題なく操作できました。

iPhone6 Plus Spigen アルミニウムバンパー 左側面

背面。写真じゃ判りにくいですが細かいモールドがあって滑らないようになっています。

iPhone6 Plus Spigen アルミニウムバンパー 背面

底面。必要なところは穴が空いてます。充電ケーブルの穴も細すぎず手元にある中では一番太いOMAKERのLightningケーブルも干渉せずにしっかり刺さりました。

iPhone6 Plus Spigen アルミニウムバンパー 底面

バリエーション

iPhone6 Plus版だけじゃなくてiPhone6版もあるみたいです。
こちらもタイムセール中みたいですね!